FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



わけのわからん画像から始まりましたが、これしかなかったもので・・。
見学者コースから見た検査場です。

午後1の13時からの予約をとっていたので、午前中のうちに自動車税納税と自賠責加入。
自賠責加入はいつものバイク屋さんで。
これからユーザー車検だと言うと、タイヤの空気圧はちゃんと入れといた方が良いとのこと。
スピードの検査にひっかかるそうです。
そういえば全然見てねーや。
と思い(ヒドイな)、以前買った空気圧はかる器具で測ってみたら、前輪が何かの間違いじゃないかと思うくらい低い数値・・・。
測り方がおかしかっただけだと思いたい。
だってこんなタイヤでツーリング行ったんだから・・・。
あれ?そういえば原付も最近まったく見てない気が・・・する。
そして当然後輪も低め。(前輪よりははるかにマシだったけど)

ガソリンそんなに減ってないけど、途中でガソリンスタンドで見てもらうことに。
入れてもらった後の快適走行と言ったらもう・・・。ハンドル軽くなったのが良くわかりましたからね。

とりあえず備忘記録↓
 
★必要なもの
・車検証
・納税証明書
・自賠責保険証明書(バイク屋さんに、今までの証明書と今入った証明書両方出してって言われたので両方持ってく)
・点検整備記録簿(向こうでも買えるらしいけど、持ってた)
・金
・印鑑はいらないのかな?って感じだった。でも一応持ってくべし。
・書類挟むファイル持ってくと良い。書類だらけでアワアワする。

お昼過ぎに向こうに到着し、ユーザー車検について詳しく書かれていたサイトをプリントアウトしたものを見ながら手続き開始。
用紙を買う窓口の人にバイクのユーザー車検なんですけど・・・とボソリと恐る恐る言うと、とっても丁寧に教えてくれるのでいきなりでも平気かも。
教えてもらった通りに隣の窓口で印紙を買い、となりの建物で納税証明をしてもらい、ちょっと離れた建物で用紙の記入。
お昼なので窓口は開いていないので、見本通りにのんきに記入して印紙をペタペタ。
12時45分になると受付開始なので、窓口に書類提出。
ここで整備記録も出すみたいだけど、出さなくても平気だった。
というか5000キロちょっとしか走ってないからかもしれない。(全然走ってない自分に驚いた)

ここで、初めてなのでとりあえず見学者コースから車検の様子をみてみることに。
そのときの写真が一番はじめのヤツ。
でもバイクのレーンは奥の方であんま参考にならないからもう行っちゃうことに。
メット被らなくても平気というか被らない方が良さげだけど、メット置いとく所が無かったので被ってく事に。
二輪のレーンに並んで順番が来ると書類をお兄さんに渡す。
初めてでわからないって言ったら、お兄さんが付き添ってくれて丁寧に説明してくれました。
完全ドノーマルのたったの5千キロしか走ってないバイクなので、余裕ですべてクリアーです。
(当然か・・・)
お兄さんの言うがままに動いていたので何をしたのか良く覚えてない・・・。
というか丁寧に教えてくれるので何も心配ない。
とにかく何も心配ない。
2年後の私よ、心配せずに行け。
空気圧は見とけ。
斜めがけバッグは必需品だぞ!
(検査中に書類を出したり入れたりするのに便利)

そんなこんなで無事シールと車検証を貰って終了。
14時には帰宅。
あっとゆーまでした。
でもバイク屋さんでちゃんと点検はしてもらわないと・・と切に思った。

★かかった費用
・自動車税 4,000円(ちょうど納税時期と被るので納税証明なくさないからいいね)
・自賠責  13,400円(バイク屋さんで)
・用紙代  25円(1番最初の窓口)
・印紙代  1,700円(登録・検査用2番目の窓口で)
      5,000円(重量税、2番目の窓口)

トータル 24,125円

かなり安く済みました。自分でやって良かったかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://viviboo.blog57.fc2.com/tb.php/163-cbe3737b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。